こんにちは!今回は【気軽にお金を貸してはなりませぬ!】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 
【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。
 
 

【気軽にお金を貸してはなりませぬ!】

就職して3~4年程たってから、中学校時代の友人から「お金を貸してほしい。必ず返すから」と言われました。大学の学部は違いますが何度か会っていたので、ある程度の信用はありました。私自身も「人の助けになるのなら。この人だったら必ず返してくれる」と思い込んでしました。晩ご飯を食べながら6万円を貸してしまったのです。その日以来、その人とは音信不通となり、まったく連絡が途絶えました。様子がおかしいと思い、私もその人も当時よく会っていた先輩に「お金を貸したのですが、返してもらえていないのですが」と聞いたところ、その先輩もその人に2万円を貸したけれど返してもらっていないと言っていました。先輩の友達も1万円を貸しても返してもらっていないとも言っていました。その人とはもう15年以上も音信不通で、普段から会っていた場所にも現れることもなくなりました。1万円ならばまだしも、6万円という高額な金額を契約書もなく貸してしまったことに失敗や後悔をしています。それ以来、人に高額なお金を貸すことはなくなりました。

【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

今までは大手の自動車保険に加入していましたが、少し探せば同じ保障内容で保険料の安い保険はたくさんありました。(私が節約を決意した理由)自動車保険に年間10万円以上支払っていた夫。妻である私が正社員から専業主婦になったのをきっかけに保険を見直すことにしました。

【実際どれくらい節約できるの?】

今まで年間12万円ほど支払っていた自動車保険料が約半額になりました。保障内容も変わりなく維持できていますし、保険を見直した後の担当者の方からのほうが手厚いサポートが感じられ、より安心です。

【継続的に節約する為に】

節約した分で家族で旅行ができたり、欲しいものが買えたりすると嬉しいものです。それに頑張って節約した分で出かけるお出かけやショッピングは、楽しさやわくわく感も増します。節約には努力がつきものですが、がんばった分必ず結果につながり、家族の笑顔につながります。お金の大切さもわかるようになりますから、なんだか今までより生活も丁寧になれる気がしますよ。