こんにちは!今回は【希望を持って退職したはずなのに】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 
【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。
 
 

【希望を持って退職したはずなのに】

私は元々、総合病院で看護師として働いていました。幼い頃から医療系の仕事に興味があり、特別なりたい職業があったわけではありませんが、高校3年生にあがる前に看護師になる道を選びました。
入職したのは2011年、3.11の震災があった年です。5年目の時に違う道への興味が湧き、転職を考えるようになりました。その道とは大きく言えば美容系ですが、健康にも関係するもので、看護師目線から見てその道に進めば、病気になる前に予防できるのではないかという考えが出てきたのです。
徐々にそっちへ進みたい気持ちが高まり、丸6年で退職しました。バイトはしていたものの、看護師時代に比べたら半分以下です。貯金がたくさんあったわけでもありません。前年の収入が高かったために、収入はないのに税金だけが引かれる。200万円の退職金もあっというまになくなりました。結局、新しい道も実現はできずじまいで、投資だけしたような形になってしまいました。
今では毎月の支払いも厳しいくらい、カツカツの生活です。新しい道へ挑戦しなければよかったとはおもいませんが、もう少しお金を貯めてから始めるとか、収入はこれくらいになるから毎月これくらいの出費で過ごすとか、具体的な計画が必要だったと反省してます。

【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

食材を買うときは特売の野菜やお肉をたくさん買うようにして家で冷凍などしておく。会計をするときは必ずクレジットカードとスーパーのポイントカードとレジ袋不用のカードを提示しどれにもポイントがたまるようにする。貯まったポイントで普段買わないような高いお肉を買っている。(私が節約を決意した理由)こどもが大きくなるにつれてたくさん食べるようになったから

【実際どれくらい節約できるの?】

外食はせず、安いものを買うようにして、食費のポイント活用で年間1万、クレジットカードポイント活用で年間1万くらいは得をした。

【継続的に節約する為に】

節約は目に見えにくいものなので成果が上がったかどうかわからないから挫折しやすいが、ポイントを活用したら貯金感覚で増えていっているのがわかるからやる気も出るとおもう。貯金は貯金専用の通帳をつくって毎月定額ではなく貯められるだけ貯めていくともっと貯金したいという欲がでてくるのでそこきもちが節約しようか、貯金をするために副業しようかとなってよい習慣ができると思う。