こんにちは!今回は【投資におけるリスクのとりすぎについて】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 
【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。
 
 

【投資におけるリスクのとりすぎについて】

1 リーマンショック直前で投資に興味を持ち、トルコリラ再建に手を出しました。当時1リラ90円だったものを大量に買い込み、リーマンショックを経た今では1リラ18円まで下落しています。金利は20パーセントと高く、10年で保有リラ債権は額面上3倍以上に増加していますが、債券価格の暴落のおかげで投資額の半値となっています。このまま高金利を理由に保有していてもあと20年たたないと利益が出ない見込みです。途上国の為替商品については思いのほかカントリーリスクが高いことを思い知らされた事象となりました。孫切もできないので、価格上昇を信じて引き続き保有しようと思います。
2 あぐら牧場について、胡散臭いと思い真柄、商品券や牛肉につられて牛所有権を買い込みました。異常な利率上昇に違和感を覚えつつも他人名義での購入も可能となり、家族を巻き込んで手を出してしまいました。結局回収不能となり、非常に大きな教訓を得ました。

【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

お昼ご飯をお弁当に変えました。お弁当のおかずはいろいろ凝って作っていますが、夜はあまり肉を食べません。昼をしっかり食べる分家では控えています。ダイエットにもなって一石二鳥ですよ。(私が節約を決意した理由)一人暮らしを始めて、思った以上に貯金が出来なかったから。それでも年に一回は海外旅行に行きたいと思ってから節約し始めました。

【実際どれくらい節約できるの?】

私は社食があるので定食を400円くらいで食べられます。しかし社食をやめれば一か月約8000円の出費を抑えられますよね。お弁当の材料費はかかりますが夕食の残り等を詰めれば一食当たり100円くらいなので大分お得です。浮いたお金で今年はニューヨークへ旅行します。

【継続的に節約する為に】

何か目標を決めてそのために今まで余分だった出費を抑えられたら全く苦になりません。私の場合その目標が旅行ですが、旅行へ行って楽しかったらまた行きたい!となりまた一年かけて貯金する。その繰り返しの中で、自然と節約する癖をつけていきました。